MENU

ドラッグストア薬剤師の年収、給料

ドラッグストア薬剤師の年収は、年収400万円〜800万円を超える薬剤師さんも居ますよね!

 

ドラッグストア薬剤師の給料、年収の幅は広く平均年収は薬剤師平均年収と同じくらいの500万円前後だそうです。

 

しかし、調剤薬局薬剤師の場合、年収700万円くらいで頭打ちと言われていますがドラッグストア薬剤師場合、1000万円を超える方も最近ちらほら聞かれています。

 

将来的に年収を増やしていきたい薬剤師さんなら調剤薬局よりもドラッグストアの方が良いかも知れません。しかしドラッグストアは調剤のスキルや経験を求めるなら少し不満です。

 

調剤薬局からドラッグストアへ給料アップ、年収アップでの転職が増えてきています。調剤経験をしっかり身に着けてからドラッグストアへの転職で年収アップ出来るケースも多く、そのまま管理薬剤師などに昇給すれば大幅な年収アップにもつながる事も有ります。

 

ドラッグストアは今、伸びている職種でもあります。その為薬剤師求人数も多く好条件、高待遇求人も多くなっています。
この状態もいつまでも続かいないと思います。

 

ドラッグストアへの転職をお考えなら今はチャンスだと思いますよ!

 

ドラッグストアの薬剤師の平均年収を年代別で調べました。

年代 平均給料 平均賞与 平均年収
25歳〜29歳 342,000円 650,000円 4,754,000円
30歳〜39歳 381,000円 900,000円 5,472,000円
40歳〜49歳 465,000円 1,050,000円 6,630,000円
50歳〜59歳 450,000円 1,080,000円 6,480,000円

 

ドラッグストア薬剤師の場合、ほぼ年齢に伴い昇給が見られ、薬剤師の平均年収よりも高く感じられました。
また、ドラッグストアでも管理薬剤師や店長。責任者などの役職になれば、平均年収よりも大幅なアップが見られます。

 

地域差も大きく給料、年収に影響するのが薬剤師業界で、都市部よりも薬剤師の人材が少ない地域の方が高い給料の募集も多いことが分かります。

 

 

ドラッグストア薬剤師求人紹介はこちら

薬剤師の年収 業種別

薬剤師の平均年収は

 

500万円前後です。

 

平均ですので、業種や職場によって違いますよね!

 

職種での平均年収はあまり当てにならない事が多いと思います。

 

薬剤師の年収を業種、職場ごとに調べてみました。

 

業種 平均年収
病院薬剤師 435万円
調剤薬局薬剤師 485万円
ドラッグストア薬剤師 520万円
製剤薬局薬剤師 545万円
その他の企業薬剤師 500万円

薬剤師の年収 年齢別

薬剤師の年収を紹介する上で、年齢による年収の違いも気になるところですね!

 

また、性別での年収の違い女性の多い薬剤師ではどうなのでしょうか?

 

女性の活薬剤師目立つ薬剤師業界の男女間の年収も調べてみいました。

 

 

薬剤師は、業種によっては、昇給が鈍化していると言われます。

 

特に女性薬剤師の昇給は鈍いと言われます。

 

年齢、経験が上がっても給料、年収の上がりが鈍いの感じている薬剤師さんも多いのではないでしょうか?

 

ただ、薬剤師の場合、最初から年収が高いとも言えます。

 

そのあたりも見てみましょう!

 

年齢 男性 女性
20代 約420万円 約405万円
30代 約600万円 約530万円
40代 約665万円 約600万円
50代 約690万円 約580万円

薬剤師の年収 ドラッグストアの年収 まとめ

薬剤師の年収は、高いと言われています。

 

しかし、年齢による薬剤師年収では、昇給、年収のアップは、それほど高くないと言えます。

 

また、薬剤師の職場、業種によっても将来的な年収に差が出ると言えます。

 

薬剤師は、年収は高いと言われる職種ですが、昇給、年収アップは、それほど高くない職種とも言われます。

 

将来的な年収、給与アップは、薬剤師の業種選びでも重要になっています。

 

薬剤師の平均年収は、ここ数年、約500万円前後です。

 

薬剤師の業種で、将来的に年収アップができる職種を選ぶことも重要視されてきています。

 

企業系の薬剤師やドラッグストア系の薬剤師は、比較的、将来的な年収が高いようです。

 

年収や給料で職場を選ぶ方は、少ないと言われる医療業界ですが、給料は、やはり高いほうが良いですし、将来的にも大幅な年収アップが見込める方が良いですね!