MENU

ドラッグストア薬剤師の仕事内容

ドラッグストアで働く場合仕事内容は

 

薬剤師のドラッグストアでの仕事内容を良く聞きますが、ドラッグストアは大手チェーン展開している店舗や地域密着もドラッグストアなど規模などでも仕事内容も変わります。また扱う商品も違うので一概に仕事内容を書くのは困難ですが、大まかなドラッグストア薬剤師の仕事内容を調べてみました。

 

ドラッグストアの主力商品は、OTC医薬品ですよね!※OTC医薬品(市販薬)
一般に販売されている医薬品の販売や説明などがメインの仕事になりますが、その他にもレジ打ち、商品陳列(医薬品以外にも日用品など)の雑用や調剤施設完備の場合は処方箋などの業務もあります。

 

OTC医薬品は多く1つ1つ把握して説明するのは薬剤師さんでも以外に大変です。
ドラッグストア薬剤師の中でも管理薬剤師や主任薬剤師などの責任者になればパートやアルバイトの管理や同じ薬剤師の管理など仕事内容も大きく変わりますが、基本の仕事内容は上記内容になります。

 

調剤薬局とは根本的に仕事内容は異なる事などから薬剤師さん仕事の中でも人気は低いと言われていますが給料面、年収面では恵まれている事、求人募集数も多い事から転職希望者も増えています。

 

OTCのみのドラッグストアの店舗では調剤業務はありませんが、最近は、調剤施設を完備したドラッグストアが増えています。

 

調剤完備のドラッグストアでは処方箋業務がメインになる店舗もあります。ドラッグストアの仕事内容というのは、店舗ごと、取り扱い商品や店舗の意大きさ何度でも違ってくると言えます。

 

まずは、OTCのみのドラッグストアなのか調剤完備のドラッグストアなのかで仕事内容が大きく異なると言えるので、どちらで働くことを希望されるの決める必要があると思います。

 

ドラッグストアの仕事をお探しの薬剤師の多くがOTCのみの店舗希望されていますが、最近のドラッグストアの傾向としては調剤完備の店舗が多くなっているのでOTCのみのドラッグストアの求人募集は減少傾向にあると言えます。

 

 

ドラッグストア薬剤師求人紹介はこちら


雑用が多いと言われるドラッグストアの薬剤師

ドラッグストアの薬剤師が、薬剤師の職場としてそれほど人気がない理由の1つに、雑用や扱う商品が多いことが挙げられます。

 

薬剤師さんの多くが調剤作業、処方箋の業務を希望される方が多く、ドラッグストアのように薬以外の商品を多く扱うなど薬剤師としての経験やスキル以外の仕事も多いことから、薬剤師の職場としては、人気が限定的だと言われています。

 

ただ、ドラッグストアは店舗数も増加中で、また調剤施設完備の店舗が多くなっていることなどから薬剤師の職場としての魅力が増えているのではないでしょうか?

 

また、将来的な年収アップなども調剤薬局と比べれば大きくなることも少なくありません。

 

ドラッグストア薬剤師は、雑用が多く仕事内容も多岐にわたることなどから希望される薬剤師さんが少ないので、薬剤師簿速の店舗も以前は多かったようですが、最近のドラッグストア薬剤師は、条件や給料などの向上や調剤薬局のドラッグストア化も進むと言われている中で、ドラッグストアの見方も変わってきていますよね!

 

調剤、処方箋業務がメインのドラッグストアの増加や調剤薬局のドラッグストア化など、職場環境が大きく変化しています。

 

雑用が多いと言われているドラッグストアですが、薬剤師の職場としては、給料や会社の安定などを考えると大手ドラッグストアの選択も良いのではないでしょうか?