MENU

ドラッグストア薬剤師の仕事内容

ドラッグストアで働く場合仕事内容は

 

薬剤師のドラッグストアでの仕事内容を良く聞きますが、ドラッグストアは大手チェーン展開している店舗や地域密着もドラッグストアなど規模などでも仕事内容も変わります。また扱う商品も違うので一概に仕事内容を書くのは困難ですが、大まかなドラッグストア薬剤師の仕事内容を調べてみました。

 

ドラッグストアの主力商品は、OTC医薬品ですよね!※OTC医薬品(市販薬)
一般に販売されている医薬品の販売や説明などがメインの仕事になりますが、その他にもレジ打ち、商品陳列(医薬品以外にも日用品など)の雑用や調剤施設完備の場合は処方箋などの業務もあります。

 

OTC医薬品は多く1つ1つ把握して説明するのは薬剤師さんでも以外に大変です。
ドラッグストア薬剤師の中でも管理薬剤師や主任薬剤師などの責任者になればパートやアルバイトの管理や同じ薬剤師の管理など仕事内容も大きく変わりますが、基本の仕事内容は上記内容になります。

 

調剤薬局とは根本的に仕事内容は異なる事などから薬剤師さん仕事の中でも人気は低いと言われていますが給料面、年収面では恵まれている事、求人募集数も多い事から転職希望者も増えています。

 

OTCのみのドラッグストアの店舗では調剤業務はありませんが、最近は、調剤施設を完備したドラッグストアが増えています。

 

調剤完備のドラッグストアでは処方箋業務がメインになる店舗もあります。ドラッグストアの仕事内容というのは、店舗ごと、取り扱い商品や店舗の意大きさ何度でも違ってくると言えます。

 

まずは、OTCのみのドラッグストアなのか調剤完備のドラッグストアなのかで仕事内容が大きく異なると言えるので、どちらで働くことを希望されるの決める必要があると思います。

 

ドラッグストアの仕事をお探しの薬剤師の多くがOTCのみの店舗希望されていますが、最近のドラッグストアの傾向としては調剤完備の店舗が多くなっているのでOTCのみのドラッグストアの求人募集は減少傾向にあると言えます。

 

 

ドラッグストア薬剤師求人紹介はこちら


雑用が多いと言われるドラッグストアの薬剤師

ドラッグストアの薬剤師が、薬剤師の職場としてそれほど人気がない理由の1つに、雑用や扱う商品が多いことが挙げられます。

 

薬剤師さんの多くが調剤作業、処方箋の業務を希望される方が多く、ドラッグストアのように薬以外の商品を多く扱うなど薬剤師としての経験やスキル以外の仕事も多いことから、薬剤師の職場としては、人気が限定的だと言われています。

 

ただ、ドラッグストアは店舗数も増加中で、また調剤施設完備の店舗が多くなっていることなどから薬剤師の職場としての魅力が増えているのではないでしょうか?

 

また、将来的な年収アップなども調剤薬局と比べれば大きくなることも少なくありません。

 

ドラッグストア薬剤師は、雑用が多く仕事内容も多岐にわたることなどから希望される薬剤師さんが少ないので、薬剤師簿速の店舗も以前は多かったようですが、最近のドラッグストア薬剤師は、条件や給料などの向上や調剤薬局のドラッグストア化も進むと言われている中で、ドラッグストアの見方も変わってきていますよね!

 

調剤、処方箋業務がメインのドラッグストアの増加や調剤薬局のドラッグストア化など、職場環境が大きく変化しています。

 

雑用が多いと言われているドラッグストアですが、薬剤師の職場としては、給料や会社の安定などを考えると大手ドラッグストアの選択も良いのではないでしょうか?

ドラッグストア薬剤師の日常

ドラッグストアで勤務をしている薬剤師の方は、そのお店での業務を手伝っている事も多いです。その職業の方の本来のお仕事は、もちろん薬に関するお仕事ですね。また来店客に対して、薬のアドバイスをする事もあります。

 

しかしドラッグストアに来る方は、何も調剤を求めている方だけではありません。それで薬剤師の出番が少なくなり、お店で待機状態になってしまう事もあるのですね。お店で勤務している以上待機しているだけでは時間も勿体無いので、お店の雑務を手伝う事も多い訳です。

 

ところで薬剤師の中には、それを敬遠したいと考えている方もいらっしゃいます。というのお店の雑務は、とても忙しいです。在庫補充や接客業務などと、とにかくやる事が沢山あります。そのような仕事内容は、ちょっと控えたいと考えている方もいらっしゃる訳です。

 

しかし、実はそれもドラッグストア次第なのです。そもそもお店が忙しいというのは、都心部に多いですね。都心ならば確かに来店客が多くなりがちですので、どうしても店内業務も忙しくなるでしょう。

 

しかし郊外のドラッグストアの場合、そうとは限りません。むしろあまり人が来ないので、雑務が無いお店もあります。

 

つまりドラッグストア勤務の薬剤師の仕事が忙しいか否かは、勤務場所次第なのですね。それだけにそのお仕事を探している方としては、やはり勤務地を重視している事も多いかと思います。給料なども大事な要素ですが、むしろ勤務地の方が大事と考えている方も多いのではないでしょうか。

ドラッグストアの雑用は刺激的

薬剤師には、様々なタイプがあります。勤務している場所は、それぞれ異なっているのです。薬局や病院など、勤務場所は色々ですね。

 

ところでドラッグストアで働いている薬剤師の場合は、他の勤務場所に比べるとかなり刺激的と言われています。なぜならそこで働いている方々の場合は、かなり多彩な業務を経験する事になるからです。

 

そのタイプのストアで扱っている商品は、何も薬剤だけではありません。お菓子なども揃えているストアも非常に多いですし、洗剤や化粧品なども多く揃っていますね。

 

薬剤師という職業の場合は、本来は薬が専門分野になります。つまりお菓子や化粧品などに関しては、本来は専門外ですね。しかし勤務している場所がお店の中と言うのもあり、そのストアで働いている薬剤師の方々はお店の接客や品出しなどを手伝うことになります。

 

他の勤務場所の場合はそうではありませんね。調剤薬局で働いている薬剤師の場合は、まず間違いなく薬だけを担当する事になるでしょう。そもそも調剤薬局では、お菓子も化粧品も販売していないからです。それと病院で働いている薬剤師も同様で、やはりそのような物は何も販売していません。

 

ところがストアで働いている薬剤師の場合は、非常に多彩な業務を担当する事になる訳ですね。そのストアに来る来店客もかなり多彩ですので、毎日がとても刺激的と感じている薬剤師の方々もしばしば見られます。その刺激は、ドラッグストアの醍醐味の1つとも言えますね。

ドラッグストアの調剤の今後

ドラッグストアの店舗展開は、東松進んでいるといえるでしょう!

 

また、新規のドラッグストアは、調剤完備が当たり前で、既存店も調剤完備になってきています。

 

ドラッグストアが、調剤業務も拡大していることで、調剤薬局は、一部を除き、調剤業務が減っていると言われています。

 

患者さんも今までは、病院の隣、近所の調剤薬局でしか薬を受け取れないとも割れていましたが、近所のドラッグストアや帰りによるドラッグストアなどでも薬を受け取ることができることなどが認知されてきています。

 

ドラッグストアで調剤して頂けるなら、調剤していただいている時間にドラッグストアで買い物もできます。

 

薬を待つ時間を有効に使える、待ち時間が苦にならないですね!

 

今までは、病院で待たされ、ダメ押しに薬でも待たされることも多かったのですが、病院で出された処方箋を近所のドラッグストアに持ち込んで調剤して頂けます。

 

このように少しづつですが、調剤薬局からドラッグストアに処方箋が流れていることは確かです。

 

今後、どれくらいの調剤業務がドラッグストアに行くのか次第で、薬剤師の求人状況は変わってくるのではないでしょうか?

 

調剤薬局は、今後、処方箋業務が減少することはあっても増加することは少ないと言えます。

 

逆に、ドラッグストアの調剤業務は、増加していくと予想されます。

調剤薬局のドラッグストア化が進む

ドラッグストアの調剤、処方箋の獲得が進むことで、調剤薬局もそのままでは、お客さんの減少、店舗の減少に繋がりますよね!

 

調剤薬局が、ドラッグストア化している・・・

 

店舗が比較的大きな調剤薬局がドラッグストアのような品揃えになってくていると言われています。

 

調剤薬局のドラッグストア化とドラッグストアの新規店の開店、調剤薬局の閉店などにより、

 

ドラッグストアの勢力図が大きくなるのではないでしょうか?

 

薬剤師の職場も今後は、調剤薬局からドラッグストアの方が求人数も増え、条件も良くなるかもしれません。

 

処方箋、調剤業務もドラッグストアで多くなると予想されるので、将来的には、

 

調剤、処方箋=ドラッグストア

 

になるかもしれません。

 


ドラックストアは、薬剤師の求人も多く、勤務しやすい職場です。では、ドラッグストアの薬剤師は具体的にどのような仕事を行うのでしょうか。ドラッグストア勤務の薬剤師の働き方などの特徴についてご紹介します。ドラッグストアで働く薬剤師は、地域の皆さまにとって頼りになる健康相談窓口のような存在です。意義があるだけでなく、様々なスタッフがいる開放的な雰囲気や、待遇の良さやお休みの取りやすさも魅力です。今回は、そんなドラッグストアで働く薬剤師をご紹介します。薬剤師は、「調剤」のできる唯一の国家資格です。薬剤師の業務内容や、やりがいを職場別に紹介しつつ、薬剤師になる方法や注意点もご説明いたします。院や調剤薬局にお勤めの薬剤師の方は、ドラッグストアに対してどのような印象をお持ちでしょうか?今回の記事では、ドラッグストアの実態に迫りつつ、メリットや転職市場で人気の理由などをお伝えしていきます。ドラッグストア薬剤師の業務内容と年収 のページです。薬局・病院・企業の公式採用情報と薬剤師/薬学生によるクチコミで、あなたに合った転職先・就職先を探せます。ドラッグストア薬剤師の仕事は、医薬品(OTC)の取扱いだけでなく、化粧品・日常品などの販売・管理もおこないます。一般的に給与は調剤薬局、病院よりも高く、キャリアプランを描きやすいため転職先として人気です。成長産業で、仕事のやりがいも多く転職するメリットはたくさんあります。